~のんびりガンプラ日記~

HGのガンプラを中心とした製作ブログです。 特に量産機に惹かれます。

ミライトワを作る その② 表面処理・洗浄

表面処理は丁寧に。

 

こんにちは、「BUNA(ぶな)」です。今日も閲覧ありがとうございます( ´∀`)

今回製作するのは「ディスプレイプラモデル ミライトワ」です。 

 

このカテゴリーの最初の記事はこちら。 

 

合わせ目消し

f:id:fallcrest3:20200315133259j:plain

耳の裏側にある隙間が目立ちますのでしっかりと埋める必要があります。

 

f:id:fallcrest3:20200315195538j:plain

プラ用接着剤で固定した後に瞬間接着剤で埋めました。細かな傷があると思うのでサフでチェックしてみます。

f:id:fallcrest3:20200316215137j:plain

合わせ目部分のみ、缶のサーフェイサーを軽く吹き付けて傷チェックします。出てきた傷は溶きパテを塗って再度やすり掛けします

 

f:id:fallcrest3:20200315210425j:plain

おしりの合わせ目が上手く消えなかったので溶きパテを使用。

 

f:id:fallcrest3:20200315210544j:plain

こぶし部分は綺麗に消えてそうですね。

 

f:id:fallcrest3:20200315210509j:plain

額の紺色のパーツはヒケとパーティングラインが目立つのでしっかりとやすり掛けが必要ですね。
 

表面処理後の組立て

f:id:fallcrest3:20200315210328j:plain

f:id:fallcrest3:20200315210340j:plain

全身組立ててみました。パーツが少ないのですぐに組み上がりますね。

 

 

洗浄&乾燥

f:id:fallcrest3:20200317211333j:plain

再度ばらして「超音波洗浄機」でしっかり洗浄。

 

f:id:fallcrest3:20200317212350j:plain
洗浄後はいつもの「山善 食器乾燥機」でしっかり乾燥。頭の中に水分が残りやすいので要注意ですね。接続部に穴を開けておけば水分が抜けやすかったかな。

 

f:id:fallcrest3:20200318000602j:plain

乾燥したら持ち手を付けて、エアブラシで塗装。サーフェイサーはある程度組んだ状態で吹き付けます。

 

以上、「ディスプレイプラモデル ミライトワ」の表面処理と洗浄、塗装前準備でした。
次回は塗装・完成となります。

 

今回はここまでです。

閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

この記事の商品、及び関連品です。