~のんびりガンプラ日記~

HGのガンプラを中心とした製作ブログです。 特に量産機に惹かれます。

HGTOザク・ハーフキャノン 製作② パーツ処理

関節は挟み込みで

こんにちは、「BUNA-ぶな」です。今日も閲覧ありがとうございます(^_^)
今回製作するのは「ザク・ハーフキャノン」です。

オリジン版のザクは共通パーツが多い中で、専用の武装がしっかり付属するこのハーフキャノンはかなり人気の高いキットです。個人的に一般販売のオリジン版ザクⅡではベストキットですね。

今回はパーツ処理は程々に「筆塗り」で楽しみたいと思います。

 

このカテゴリーの最初の記事はこちら。

 

前回の完成品紹介はこちら。結構前の記事ですが・・・

 

合わせ目の処理

f:id:fallcrest3:20211003112117j:plain

今回合わせ目消しが必要なのはこれらのパーツ、瞬間接着剤で接着します。腕部と脚部は関節フレームを挟んだ状態で接着しました。

f:id:fallcrest3:20211003112201j:plain

接着剤が乾燥したらヤスリで削ります。今回は筆塗りなのでフレームを挟み込みましたが、後ハメ加工も可能です。

 

f:id:fallcrest3:20211003112132j:plain
f:id:fallcrest3:20211003112136j:plain

スモークディスチャージャーの肉抜きはランナーと接着剤で埋めます。見える部分が埋まっていれば充分でしょう。

 

処理後に仮組み

f:id:fallcrest3:20211003112226j:plain

f:id:fallcrest3:20211003112233j:plain

f:id:fallcrest3:20211003112239j:plain

f:id:fallcrest3:20211003112246j:plain

表面処理が終わったので組み立てました。今回はキャノンとジャンクパーツからザクマシンガンを装備させました。ビッグガンの接続穴はOボルトで埋めています。

 

f:id:fallcrest3:20211003112254j:plain

完成後もこんなポーズで飾ろうと思います。簡単でもベースがあると良いですね。チャレンジしてみようかな・・・

 

f:id:fallcrest3:20211003112314j:plain

フレームは膝裏に合わせ目があるので先に消してから外装を接地してます。

f:id:fallcrest3:20211003112320j:plain

各部の丸モールドやノズルはピンバイスで開口しています。

 

f:id:fallcrest3:20211003112326j:plain

モノアイは後でガラスパーツを取り付けるので開口してからランナーを接着して土台を作っておきました。

 

以上、「ザク・ハーフキャノン」のパーツ処理でした。次回はサーフェイサーです。

 

今回はここまでです。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

 

この記事の商品、及び関連品です。 

 

個人的おすすめアイテムをご紹介 。

ポイント:洗浄層が分離式なので取り回しが良く使いやすいです。 

 

ポイント:内部で風が発生しない「自然対流式」だから、塗装後のドライブースにピッタリです!

 

ポイント:しっとりとしたつや消しに仕上がります。18㎖はタミヤのスペアボトルに丁度良いサイズです。

 

ポイント:こちらもしっとり滑らかなつや消し。大びんが好みの方はこちらがおすすめ。