~のんびりガンプラ日記~

HGのガンプラを中心とした製作ブログです。 特に量産機に惹かれます。

HGジョーハウンド 製作② 表面処理完了

ヒケが・・・

こんにちは、「BUNA-ぶな」です。今日も閲覧ありがとうございます(^_^)
今回は「HG 境界戦機 ジョーハウンド」です。

「境界線機」に登場する北米同盟軍の使用する旧式機体。現用主力機の「ブレディハウンド」には大きく出力が劣るものの頑強で耐久性が高く、多くのバリエーションが存在。扱いやすいことから今でも運用され鹵獲機体も多く存在する機体です。

 

このカテゴリーの最初の記事はこちら。

 

表面処理

このキット合わせ目は無いのですが、パーツ表面のヒケがかなり酷いですね。ほぼ全てのパーツにヒケがあります・・・

ある程度ヤスリを掛けても無くならない深いヒケには、


瞬間接着剤を塗って埋めてから再度ヤスリを掛けていきます。

 

これでようやく平滑になりました。腕部などは細かく面構成されていますので処理がなかなか大変でした。

 

両脇にあるマシンガンらしきノズルはパイプパーツで細く延長。

 

表面処理完了

表面処理完了しました。ヒケだらけの面を概ね整えてます。

 

肩は特に表面が酷かったのでしっかりとヤスリ掛けしました。

 

マシンガンも一応処理しましたが、握り手首に互換性があるのでもう少しボリュームのある武器を持たせたくなってきました。。。

 

両脇にはパイプパーツを貼り付けていますがそれ以外はキットのままです。多分また買うのでいじるのは次回にします。

 

以上、「HG 境界戦機 ジョーハウンド」の表面処理と仮組みでした。次回から塗装です。

 

今回はここまでです。
閲覧ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

 

この記事の商品、及び関連品です。 

 

 

個人的おすすめアイテムをご紹介 。

ポイント:洗浄層が分離式なので取り回しが良く使いやすいです。 

 

ポイント:内部で風が発生しない「自然対流式」だから、塗装後のドライブースにピッタリです!

 

ポイント:しっとりとしたつや消しに仕上がります。18㎖はタミヤのスペアボトルに丁度良いサイズです。

 

ポイント:こちらもしっとり滑らかなつや消し。大びんが好みの方はこちらがおすすめ。